K−ON Links

K−ONのLive仲間や、サポートして頂いてるサイトです。
2014年初頭 リンク切れ、サイト閉鎖など整理しました。


バンド関係

 「刈り掘る庭JAM」常連バンド。実力派!
 説明不要、まず見るべし!
 様々なバンドがここから派生中しており、精力的な活動には脱帽・・・
 バンドにかける情熱は異常!?
 ”社会人バンドの部屋”で知り合った人。
 まだ正体不明だが、悪人ではない。
 つい最近、ZEPPナンバーをコピー!?強敵現る。
 アライの奥様がVoの80sコピーバンド。
 「風鈴」でのウオーム・アップも無事終了。いよいよ本場所!
 最近はお休みのようだが、早い復活を!
 ここのリンクの紅一点。数少ないK−ONファン。
 どうか見捨てないで下さい。
 
 YAHOOのZEPP掲示板から辿り着いた
 LED ZEPPELIN情報サイト。
 ここから入ればZEPPサイトは一望できる。
 最近、コピーバンドのライヴスケジュールもUPしてくれています。
 ご存知、”Happy草餅”のKey担当。
 2003年3月、”Happy草餅”が活動休止したのを機会に、
 K−ONの保護観察下に入る。
 与えられた課題曲の多さに体調を崩してしまったという話も。 
 刈りJAM Vol.20で共演したレインボウのコピーバンド。
 リーダーの”小金井リッチー”さんの活動は精力的!
 最近、念願(かどうかは解らないが)の「パパ」になった。
 ドラムの”まんぞうさん”は、寺爺の数少ないドラム談義相手。
 刈りJAM Vol.18に出演したガンズ&ローゼスのコピーバンド。
 PC、ガンダム、パチスロの情報も豊富。
 「最低竹ちゃん」のギターは最高!私は竹ちゃんの「お父さん」ではない。
 福岡の自称「究極のZEPP不完全コピーバンド」!
 ともかく一度LIVEが見てみたい。
 HPから伝わってくる雰囲気はZEPPそのもの。
 ついに登場!パワーヒッター”Vice”さんのバンドHP。
 日々改修を続けている。
 Viceさんは寺爺の数少ないドラム談義相手。
 FOOD BBSは最高!
 ゴダイゴのカバー・バンド、The Untitled!
 洋楽に負けるなあっ!
 現在は休止中だが、各メンバーは独自に活動中。
 「社会人バンドの部屋”横浜特別企画」で知合ったバンド。
 いい音です。大人のロックを聴かせてくれます。
 東京を拠点に活動するMelodious Heavy Metal Band、
 「SEVENTH SON」
Officialサイトです。
 ドラムの”Tai”さんは最近パイステにハマったもよう。
 久々に出会った正道派’70sトリビュート・バンド!
 ローリング・ストーンズを胸一杯愛してます!
 曲と演奏を大事にしてます。レパートリーも多いのにビックリ。
 同じ神奈川県民として頑張りましょう!!
 
 刈りJAM Vol.28で共演した、Charのコピーバンド。
 リーダーの
kacchanは数々の「伝説」を創っているらしい。
 バンド名は「幕の内」でなく「幕ノ内」なので、ご注意!だはは!
 Freeやバドカンのトリビュート・バンド。
 しかしベースとなってるのはコテコテのブルース・ロック。
 楽器隊の3人は、なんと親子!
 心臓の鼓動を感じさせる音とリズムで、客席を圧倒!
 偶然にもHPが同じサーバー。(あんまり偶然でもないか?)
 「社会人バンドの部屋」主宰者”ぐれちゃん”のバンド。
 MSG、UFOのトリビュート・バンド。
 いつもは企画LIVE主宰者の顔であるが、ここでの”ぐれちゃん”は
 ギタリストなのだぁ!!!
 「社会人バンドの部屋」で知り合った「びぃ」さんのバンド。
 確か当時のHNは
「Honeybee」だったかな?
 なんと、FREEのコピバン!
 K−ONもいつかは千葉へ!

 2009年4月、歌舞伎町Crawdaddy Clubで競演した、
 John Sykesのトリビュートバンドです。
 Bigなベーシストさんが印象的です。
 また競演の機会を!

LIVE企画サイト

 YAHOO掲示板で知り合った”Gravy”さんのHP。
 企画LIVE「社会人バンドの部屋」も、10回記念LIVEを無事終えた。
 最近は家庭とバンド活動の両立、禁煙に苦しんでいるようだ。
 しかし、最近また「楽」になったようだ。
 ”悪徳P”なる人が主宰する、70sロック&コピーバンドのLIVE企画サイト。
 10年以上の歴史を誇るこの企画は、32回目を迎える!
 これは主催者の人柄か、出演者によるものかは謎。


LIVE HOUSE
これまでK−ONがお世話になったライヴ・ハウスや会場です。
ホームページがあるお店のみです。

 会社関係のイベント以外のLIVEとして始めて参加した、
 「YOSHINO STOCK」の会場。
 主催はPPCのKenちゃんだった。もう12年前かぁ・・・
 ’93年末にKenちゃんの誘いで出演したライヴハウス。
 ここで演奏してからK−ONは大きく変わりました。
 FREEのレパートリーから3曲演奏しましたが、ここがベストテイク。
 対バンにオーナーと間違われ、丁寧な挨拶を受け、「おう!」とか
 言ってしまった。

 知らないうちに原宿店はなくなったみたい。(2014.0102)
 長男"ジェイソン"の対バンで演奏させてもらったのがキッカケで、
 6回ほど出演。いい音です!
 初めて行った時の楽屋で、対バンに掃除のオヤジと間違われて以来、
 楽屋は入った事無い・・・JR根岸線「石川町」 ちょっと歩けば中華街!
 能見台のライヴ・ハウスでしたが、全フロアが練習スタジオになりました。
 ここではトリオK−ONや、タカシ結婚パーティなど、楽しい思い出が一杯。
 オーナーはよくK−ONのLIVEを見に来てくれました。
 ’99年の高校生バンド企画や、PPCファミリーとの企画で利用。
 公営施設なので料金は安いが、機材搬入・搬出で体力勝負!
 ライヴハウスでは得られない残響音が魅力・・・
 でも企画は大変よ・・・
 悪徳P氏主催「刈り彫る庭JAM」に初参戦した会場。
 楽屋に落書きもないし、綺麗です。
 駅からココに行く途中に有名なプラモ屋「Mr.CRAFT」がある。
 関係ない?
 ぐれちゃん主催「社会人バンドの部屋 Vol.1」の開場。
 シブヤ楽器店のハコという訳で、当日スティックを忘れた寺爺にとっては、
 命の恩人・・・
 思い出深いライヴハウスです。
 「社会人バンドの部屋 Vol.1」で知り合った、Happy草餅と
 ジョイント・ライヴでお世話になったライヴハウス。
 階下は楽器屋さんですが、この時はスティック忘れなかったので、
 買い物してません。
 「社会人バンドの部屋 Vol.7」でお世話になったライヴハウス。
 JBLスピーカーからはじき出される重厚サウンドにビックリ!
 最近、ステージ脇に綺麗な楽屋ができました。
 すぐそばには直営スタジオもある。
 ’01年2月「一子相伝コピーバンド大会」でお世話になったライヴハウス。
 店長"SHIDA−aX"さんは、かなりのメタル・マニア。
 出演バンドの記念写真を撮ってくれるなど、アットホームな雰囲気。
 アキバに近いので、LIVE観戦以外に付加価値あり?
 ’01年3月、SECRET LOSERさんのお誘いでお世話になったライヴハウス。
 何やら"歴史"を感じさせるハコである。
 K-ONのモノクロ画像(by "Ossie")は、ここでの撮影。

 しらないうちに店名が変わっていた。
風  鈴  PPCメンバーの結婚パーティや、K−ON「ざ・反省会」でお世話になった。
 ライヴハウスというより、ライヴレストラン。
 演って、歌って、踊って、という感じのお店です。
 Happy草餅の"Danny"と"Cooming嬢"の結婚パーティ会場。
 K−ONは結婚パーティに相応しいレパートリーがなかった・・・
 「社会人バンドの部屋 横浜特別企画」でお世話になったライヴハウス。
 JR根岸線「関内」駅のすぐそば。
 この企画は昼の時間帯だったので、終わったのが午後2時過ぎ。
 健康的なLIVEでした!
 悪徳P氏企画による忘年会LIVEでお世話になったライヴハウス。
 ヒルマさんとの「山」プロジェクトは思い出深い。
 ’03年忘年会のK−ON特別セットは、一体何だったんだ?
 「MONSTERS OF ROCK Vol.1」でお世話になったライヴハウス。
 綿密な打ち合わせから始まったこの企画、思い出深いね。
 「今度、"横浜アリーナ"でLIVEやるから見に来て!」なんて、
 大雑把な誘い方した記憶があるなぁ。
しらないうちに店名が変わっていた。
 「王様」の前座LIVE等でお世話になったライヴ・レストラン。
 もと映画館だった場所を改装しただけあって、空間的な効果は最高!
 毎日様々なジャンルの企画が開催されているようです。
 「Show Must 轟音 Vol.4」お邪魔したライヴハウス。
 楽屋も広くて清潔で、ステージとの出入りがスムーズ。
 ドラマーにとっては楽しいライヴハウスです。
 その訳は体感して下さい・・・やっぱり、JBLのメインSPは良い音だぁ!
 2005年2月の「DESTROYER V」の会場でお世話になりました。
 ゴージャスなライヴハウスです。
 楽屋も広いし、プレイヤー・お客さん共に楽しめる会場です。
 最近はあくせるさん企画「MONSTERS OF ROCK 2005」も
 ここで開催されました。

 ’05年11月にINOSさんの企画でお邪魔した北久里浜のライヴハウス。
 前を流れる平作川には鯉、鮒、亀、鴨、etcの大自然が!
 スタジオ併設で、機材専用エレベーターもあります。
 楽屋も広く、リーズナブルなライヴハウス。
 極秘情報によれば、Hattah−soのご子息が、ここでデビュー・ライヴを
 したとか!?ブートはまだか!?


 2009年4月、1年半ぶりのLIVEを演った70's Rock & Live Bar。
 カウンター越しのJBL4344は圧巻。大音量で聞いてみたい。
 アンプは何かをマスターに聞くの忘れた・・・
 カウンターに置かれたジミヘンのフィギュア(ウッドストック)など、
 店じゅう、どこを見ても’70 Rockです。


リンクのご連絡はこちら


MAIL