LED ZEPPELIN
Second Japan Tour 2nd.Oct.’72

 ある日、とあるブートを訳あってダビングしながら通しで聞いた。
 そのブートとは、私とハッターそが見に行った1972年10月2日(月)の、

 LED ZEPPELIN 2度目の来日公演初日である。


 ブートCD 「DANCING DAYS」
 
 他にも同日ブートがありますが、どれも同じ音源。
 但し、「BUDOKAN Oct.2 1972」は曲間MC等がノーカット収録

 そのブートはだいぶ前に、仕事帰りに寄った横浜関内の
 「DISK UNION」で手に入れた。
 当時はブートのガイド雑誌もなく、このブートの音質など
 知る良しもなかったが、人生を変えてしまった
「あの日」のLIVEが、
 ブートになっている事に感動し、
 すぐさまレジに直行した。
 確か5千円強の価格だったと思う。


 「DANCING DAYS」というタイトルの2CD。
 ヘッドホンをかぶってスタンバイOK
 「どうせまたモコモコの音だろうなあ」と覚悟を決めて再生ボタンを押す。
 と、どうだ! なんと糸居悟郎のMCから入っているではないか!
 そして怒涛のLIVEが、クリアなステレオ オーディエンスで
 コンプリート収録されていた。
 一挙に
「あの日」に引き戻されてしまった。


 1972年10月2日(月)
 日本武道館
 東スタンド E列 11番

 そこで、以前から「生で見た時の話を聞かせろ」と、
 多くの方に言われていた事もあり、
 持ってる画像と記憶を辿りながら、
 32年経ってしまったが、LIVE REPORT致しまする。


 

 初来日ほどの事前の騒ぎはなかったような気がするが、
 それでも外タレラッシュのなか、一際話題をさらっていた。
 
記者会見のZEPP(当時のML誌から)
          ↓

 

 この日に至るまでの話は、だいぶ前に書いたような気がするので省略。
 私にとっては2回目(1回目はCHICAGO)の武道館だった。
 当時、水道橋から武道館までの道は、今のように店が殆どなく、
 喫茶店も見つけられなかったような記憶がある。


 入 場
 場内に入ってすぐ目に入ったのは、巨大なPAスピーカーだった。
 CHICAGOの倍はあった。
 その上部には、ロバート・プラントのシンボルマークが
 書かれていたのが目を引いた。
 4枚目のLPに刻まれたメンバーのシンボルマークは、
 それぞれの楽器に貼られていたが、プラントのシンボルが
 PAスピーカーに貼られている画像は今でもあまり見ないね。


 その次に思ったのは、ステージが狭くセットされていた事。
 あの武道館なんだから、もう少し余裕のステージを作ればいいのにと思った。
 今思えば、ZEPPというバンド、
 MSGだろうとLA・FORLUMだろうと、
 ステージがやたら小さい。


 座った席は1階ジミー寄りで、決していい席ではなかった。
 しかも一緒に行った当時のK−ONギタリストH野は、
 遥か離れた席に一人ポツンと座っていた。
 (3席連番は買えなかったのです)
 飲み物を買いにいく余裕などなく(金もない)、
 じっと開演を待つのでした。


 開 演
 客電が落ち、場内大歓声でいよいよLIVEが始まる。
 (何のLIVEでもこの瞬間がたまりませんね)
 ステージには点灯している数々のパイロットランプのみが見える。

 まず、スポットライトに照らし出されたのは司会の糸居悟郎だった。

 「場内での花火はダメ」には笑ったが、気合の入った声で
 「れでぃーす あんど  じぇんとるめん!」
 「でぃす いず LED ZEPPELIN!」

 うおーーーーっ
 真っ暗で何も見えない中、ギターやベースのチョイ出し音が鳴り、
 プラントの名文句、「Good Evening!」のご挨拶。
 直後にボンゾの26#バスドラとスネアが雷鳴!
 「Rock and Roll」でLIVEが始まった。
 
 オープニングにこの曲が使われたのは、この日が最初だったそうだ。
 生で聞く冒頭のスネアとハイハットには心臓が止まる思いだ。
 股間に挟んだ8mm(フィルム)を揺らさないようにするのが必死だった。
 今、この日のブートを聞くとプラントの声は最低で、
 スタジオテイクに近いVoラインで苦しそうだった。
 しかし、その時は声の調子なんか、どーでもいい状況だった。

 それにしてもデカイ音だった。
 少々キンキンするようなPAで、完璧な状況とは思えなかった。

 続くは早くも5枚目から
 「Over the Hills and Far Away」

 「なにコレ?」、「聞いた事ねえよ」とあちこちでブツブツ。
 始めて聞いたこの曲は、何か掴みどころのない印象で、
 「早く終わんねえかなあ」という感じ・・・

 (今思えば、なんて事を・・・)

 次いて
「Black Dog」
 事前にブートで聞いていた訳ではないので、
 やけに薄っぺらな演奏に聞こえた。
 「Ah−Ah−〜」の客とのやりとりにはのせられた!
 今じゃ当たり前の展開だが、その時は始めて聞いたもんだから、
 つい絶叫してしまった。
 この辺でステージ前にいたカメラマン達が、サーっと姿を消す。
 (約束守らないと、ピーター・グラントが暴れ出す?)

 ハデなエンディング アレンジで黒犬が終わり、
 ここでジョンジーがベースを下ろしてKeyに座る。

 予想はここで「貴方を〜」だったが、なんと
 「Misty Mountain Hop」
 4枚目からのオンパレードで結構盛り上がった。
 ボンゾのオカズも豊富に入って、ノリノリの演奏。

 「Misty〜」が”ズタッ”と終わり、
 間髪入れずにジミーのギターがうねり、
 ここで
「Since I’ve Been Loving You」だ。
 冒頭のプラントの絶叫は、耳を塞ぎたくなる程だった。(本当)

 
       ↑ちょっと虫歯が・・・

 プラントが「新しい5枚目のLPから」とかなんとか言って、
 始まったのが
「Dancing Days」
 結構キャッチーなリフで、
「次のシングルかな?」
 思わせる曲だった。
 ブート聞くとジョンジーがイントロで突っかけてる。
     ・・・(練習して来い!)

 次は
「レッド・ツェッペリンは座ります」なんてMC。
 「あー、やっぱ始まったか」とアコギ・セットにガッカリする。
 (その時は17才だから、しょーがないの!)
 しかし、手拍子が入れられる
「Bron−Y−Aur Stomp」で、
 会場はノリノリ。中間ではジミーが立ち上がって弾いていた。

 このあたりだろうか?
 プラントが
「ジミー・ペイジはグレコを使ってない」なんてMCを入れる。
 パンフに書いてあった
「ジミー・ペイジも使っているグレコギター」
 というグレコの広告に抗議したMCか。
 後日のパンフの当該広告は、マジックで消されている。
 このMCは後発ブートのタイトル
「NO USED GRECO」にもなっている。

 ローディが椅子を片付けてると、
Wネックが登場した!
 「へ?もう”天国”演っちゃうの?うそ」って感じ。
 ”ペリョリョロ〜ン”なんて12弦特有の音が聞こえる。

 プラントが曲名を「ゼップ」と紹介して始まった、
 「The Song Remains the Same」
 「こいつあ、かっこええ!」
 息をつかせない曲展開で、ノックアウトされた。
 ジミーのアクションも映画よりかっこいい。
 ちなみにこの曲は、この日が全世界初演奏だったらしい。

 続いて場内が暗転し、ジミーとプラントが知らない曲を始めた。
 しばらくしてジョンジーのKeyが入って、
「Rain Song」だ。
 「ちっと退屈・・・」、「”天国〜”の続きみたいだなあ」
 以上、当時の正直な気持ち。(今も?)

 コンサートも中盤を過ぎ、次の曲が読めてくる。
 そうです、次は
「Dazed & Confused」です。
 弓弾きでの”ジャン、ジャン”のアクションにはびっくりした。
 映画と同じく、弓から煙り(塗った松ヤニ?)が出ていた。
 その後の一大インプロ大会にはホントに圧倒された。
 ジミーはステージ左右に動き回り、プラントはまるで獅子舞のようだ。
 後半、メインリフに戻った時は、「ホッとした」と言うのが正直なところ。
 20数分で終わったが、翌年以降の同曲の演奏時間を思えば短いほうだ。

 

    陶酔状態のジミーと、必死に追いつくジョンジー

 さあ、ここで再度Wネックの登場で、「もうすぐ終わりだよ」って感じで
 「Stairway to Heaven」
 イントロが始まると「ワオーッ」っと言う場内。
 斜め後ろでは踊り出すオニイサンも・・・
 曲に酔いしれると言うよりも、
「あー、もうすぐ終わりだなあ」といった
 寂しい気持ちで聞いていた。
 大きなミスもなく、平均点の演奏で定番ナンバーが終わった。

 いよいよ大詰め。
 私の予想では
「Moby Dick」だったが、パスされて
 「Whole Lotta love」
 アリーナ総立ち・・・、警備員はステージ前に大集合。
 私の席からはテルミンは見えず、何をしてあの音を出しているのか解らず、
 それを知ったのは翌日の事。
 中間のメドレーで解った曲は「YOU SHUCK ME」だけ・・・
 メインリフに戻って”ガン”と終わった頃は放心状態。
 メンバーはさっさといなくなってしまった・・・

 Encore#1
 アンコールには比較的早く応じて再登場。
 「ここは”移民の歌”しかねえな」と思ったら、
 「Heartbreaker」
 ギターソロ後の部分ではジミーが大暴れ!
 映画のアクションどころじゃないっす。
 しかし、「はーぶれいかあ! はっ!」で終わっちゃった・・・
 「あれ? 何かにメドレーしないの?」って感じで
 引っ込んじゃった。

 Encore#2
 ここで「Immigrant Song」だあ!
 この辺の状況は全く覚えていません。
 (すみません)
 「だんだだだだんだだ!」で終わったかと思うと、得意の
 ”場当たり的”な持って行き方で、
 「Communication Breakdown」! 
 この辺になると、記憶どころか意識もありません。
  (リポートにならず、すみません)

 LIVE後の事はよく覚えていない。
 とにかく喫茶店でコーヒーでも飲もうと思ったのだが、
 その喫茶店が見つからない。
 1時間近く3人で歩き回ったような気がする。
 小雨も降っていたような気がする。

 耳鳴りも止まらなかったような気がする。

 

 10月3日(火)
 日本武道館
 続くこの日の席は、なんとアリーナ3列目のジョンジー寄りだ。
 LIVEの詳細はあえて省略。
 とにかくメンバー間のどなり声みたいなものがよく聞こえた。
 セットは前日とほぼ同じ。
 不評だった2曲目の「Over the Hill〜」は「Black Dog」に変わった。
 アンコールも新曲
「Ocean」を演った。

 ふう・・・
 とにかく、
 LED ZEPPELINは
 本物のロックバンドを見せてくれた。

 この時既に、バンドの物まねの様な事をしていたが、ハッキリ言って、
 やめたくなった記憶がある。
 「あんなふうに演奏できたらいいなあ」とか、
 「あんなロックスターになれたらいいなあ」などという
 青臭い希望すら抱かせてくれなかった・・・
 それほど、”討ちのめされた”のでありました。

 その後もE・C、BBA、バドカン、マウンテン、レインボウと、
 数多く武道館に足を運んだが、ZEPPを超えるパフォーマンスを
 見せてくれたバンドはいない。
 今思えば8mmカメラなんか持っていかずに、もっとZEPPを
 肉眼で見ればよかったと後悔している。

 
当時、3分20秒で700円くらいした8mmフィルム
 
      ワーナーからゴールドディスクを受賞

 
   このメンバーでは2度と来なかった・・・