Date   : 1972〜1984
 Place : 県立川崎工業高校 3-E教室 
        某石油会社製油所内の講堂(川崎市)
        川崎「さいか屋」催場
        川崎「こみや」(現:Daice)
        川崎平和通り「ALBATOROSS」
        etc
 Event : 高校文化祭LIVE
       製油所”文化祭LIVE”
       製油所X’mas Party
       etc
 Members K.Uchida G,Key,Vo
('74〜'82)
S.Hoshino G,Vo
('71〜'73)
Y.Ishii G.Vo
('74〜'77)
S.Nakamaru Key('75)
Y.Suzuki G
('80〜'84)
ハッターそ Bass
('71〜  )
寺 爺 Drums
('71〜  )

’71年春、それは複雑な貧乏ユスリをする寺爺を見ていた、
"ハッターそ"のホラから始まった。

「ドラムできるんだろ? バンドやろうぜ」
「H野の家に楽器そろってるんだ。行ってみようぜ」

誘われるままH野家に行ってみると、テレキャス1本とTESCOの60W
アンプが一台あるだけだった。
S木が言った。

「高校生で楽器が揃ってる訳ねーだろ!これから買うの!買・う・の!!!」まるでススキノのポン引きであった。

その年の夏休み、朝は牛乳配達、昼は病院の手術着洗濯、夜はスーパー品出しと3本立てバイトに励み、一人12万を手に入れる。
早速、エロ本裏表紙の通販会社にドラムセット(パール:バレンシア)と
アンプ類一式を発注。しかし、当時の通販会社は非常に怪しかったので、
電車で取りに行く。
(意味ないじゃん)
ZEPPとの出会い
’72年の梅雨頃だったろうか、 3人は4枚目をリリースしていたZEPPに
見事にハマっていた。
その頃のロックシーンは映像に乏しく、動くアーティストを求めて、
フィルム・コンサート」なるものが立派に成り立っていた。
特にZEPPに至っては、全くと言って良い程に映像がなかった。
ちょうどその頃、NHKの「ヤング・ミュージックショウ」という不定期番組で、
ついに
お茶の間にZEPPが登場したのである。
初めて見る「動くZEPP」はショックだった。
「これは、いったい・・・」
同じ頃だったろうか、その年の10月に2回目の来日公演が発表され、
すかさず武道館2日間のチケットをGET!


1972年10月2日(月) 武道館初日チケット (T澤所有)
 その時の状況はキリがないので省略するが、ハッキリ言ってこの日から、 「人生変わりました」

練習場を求めて”流浪の民”
     そして念願の初LIVE
 

ZEPPを見てから”意識革命”を起こしたK−ONは、インスト主体の
曲ばかりコピーし始め、徐々に”聞けるバンド”へ成長していた。
しかし、H野家の離れでの練習は苦情の嵐となり、以後練習場を求めて
引越しの連続となる。
以下は約半年間で移動した練習場の数々・・・
  *H野家の離れ
  *H野家の倉庫
  *荻窪音楽教室スタジオ(ロックお断りで即刻退去命令)
  *日産プリンス川崎営業所の整備場(日曜限定)
  *電電公社(NTT)矢口局の遊休交換機室(親類の夜勤時限定)
  *恵比寿YAMAHA
  *蒲田スター楽器


集中的な練習で迎えた3年坊の文化祭。
憧れだった体育館LIVEを音質の悪さから断念、教室LIVEへ変更。
(当時としては英断?)
前日から運びこんだ機材が心配で、教師を説得して教室へ泊まる。

そして迎えた初LIVE! オープニングはFREEの「All Light Now」だ!(今もあんまり変わってません・・・)
今まで味わった事の無い疲労感で、満足満蔵の3人は、
「ヘタでも何でも人前で演奏する事は楽しい!」と悟るのであった。
就職 → 企業内イベントバンド時代
なぜか同じ会社に就職したハッターそと寺爺は、”軽音楽部”に入部。
(当時の高卒の就職はこんなもん)
和製ポール・マッカートニーを思わせる温厚なバンマスに恵まれ、

好きなことをやらしてもらう。


         ’83年12月 社内イベントLIVE
     会場は京急川崎駅前の「こみや」(現在のDice)

しかし’84年、長年のギタリストだったH野が「イケナイ遊び」に手を出し、
ハッターそと寺爺の説得にも応じず、バンドを離れる。
その直後、ハッターそが4年間の沖縄転勤が決まり、事実上のバンド解散となる。

沖縄に移った"ハッターそ"は、地元業者仲間から何人か「好き者」を
探し出し、ちょっとしたセッションもしていた。
このため、急遽、川崎からベースを宅急便で沖縄に送る事になった。

一方、寺爺は遊び盛りの子供達と「お祭り」に明け暮れ、音楽と言えば
荻野目洋子やら工藤静香やらアン・ルイスなどの歌謡曲に合わせ、
ひたすら貧乏ユスリをする日々に戻ってしまった。
SET LIST
【川崎工業 文化祭LIVE】
 All Right Now(Free)
 Fire & Water(Free)
 Are You Ready(GFR)
 Heartbreaker(GFR)
 Inside Looking Out(GFR)
 In To The Sun(GFR)
 Sunshine Of Your Love(Cream)
 Dazed & Confused(LED ZEPPELIN)
 Summer Time Blues(The Who)
 Jumping Jack Flush(Rolling Stones)
 
【企業サークルバンド時代】
 Smoke On The Water(Deep Purple)
 Jhonny B Good(CAROL Vesion)
 憎いあの娘(CAROL)
 Sunshine Of Your Love(Cream)
 And I Love Her(The Beatles)
 Oh Darling(The Beatles)
 Something(The Beatles)
 Black Magic Woman〜Gypsy Queen(SANTANA)
 
Oye Como Va(SANTANA)
 Samba Pa Ti(SANTANA)
 Razamanas(Nazareth)
 Alcatraz(Nazareth)
 Tattoo'd Lady(Roly GallaGher)

 They Don't Make Them Like You Anymore (Roly GallaGher)
 Seychelles(高中正義)
 Sweet Agnes
(高中正義)
 Leady To Fly
(高中正義)
 Brasilian Skies
(高中正義)
 Blue Lagoon(高中正義)
 
身も心も(宇崎竜童)
 引鉄(世良正則) 

 
 etc