Date   : ’06年10月22日(日)
 Place : 横須賀 Younger Than Yesterday
 Event : 「 笑! Must Go On 」
 Members Vocals Arai
Guitar Takashi
Bass Hatta-So
Key ossie
Drums Terazy
 出演
 
・K−ON 【LED ZEPPELIN】
 
・Hard Rock Laboratory 【'70s・'80s HR/HM】
 
・P.P.C 【Original Funk & Blues Rock】
  
 
 横須賀Younger Than YesterdayでLIVEをやるのは
 これでもう6回目となる。
 今回はK−ONの強力なサポーターでもある、
 「ハードロック研究所」の”buco”さんの企画に参加した。
 加えて今日は、あの”P.P.C”との競演だ。
 思いおこせば”P.P.Cとの出会いは13年前にさかのぼる。
 タカシの旧友”総帥kenちゃん”が企画した、
 「YOSHINO STOCK T」が最初の競演だった。
 この頃のK−ON定番オープニング・ナンバーは、
 「Born To Be Wild」だったな・・・

 そんで迎えた当日。
 9月に2本のLIVEをこなしたため、練習日程がなかなか組めず、
 結局、恒例の
「当日朝練」となってしまった。
 しかも、オイラのPCが(ジェイソンのせいで)イカレたため、
 スムーズな連絡も取れず、セットも当日朝に決める事に・・・

 定刻前にメンバーは集まって、さっさとセット決め。
 タカシは出番がトリのP.P.Cギタリストでもあるので、
 リハ開始時間までには現地入りしなければならない。
 北久里浜での練習時間は1時間!
 セット・リストを1クールこなして現地へ向かった。
 しかし、久々の1曲がヘロヘロのまま・・・

 現場へ到着すると、早くも巨大なドラム・セットが組まれていた。
 26#ツーバス・キットだ。
 その後方には、あのPaiste Gongが!
 しかもサイズは#38!
 あのBonzo様が使っていたのと同じサイズだ。
 フレームもH型でなく、ループ型4本足だ。
 まさにBonzo型Gongだぁ!
 このセット、この日競演する「ハードロック研究所」のDs、
 ”じいざす”さんの持ち込みとの事。
 聞けば、この日未明から搬入・組立てをしていたらしい。
 うーーーん、勝てない・・・
 で、
 ”じいざす”さんがどこかで仮眠してるらしいので、
 そのスキに(こら!)1発軽く叩かしてもらった。
 
「ごゎ〜〜〜〜ん」
 うーーん、なんとも言えない音だね。
 2002もそうだけど、どこかに仏壇の鐘の音が混じってるように
 聞こえる。

 そうこうしてるうち、リハ開始時間に。
 K−ONは出番がトップなので、リハは最後。
 リハといいつつ、若干の練習モード・・・
 「モニターから音出てないんですけどぉ」とスタッフに
 言った直後、モニターが反対方向に向いているのに
 気がついた。
 直前リハの”ハー研”Dsさん方向のままだったのね・・・
 ははは!
***********************************************************
 定刻からやや遅れてK−ONスタート!
 オープニングは
「Rock and Roll」
 
 いきなりタカシのジャンプ画像です・・・

 続く2曲目は久々の
「Sick Again」
 さっきまでヘロヘロの出来だったが、やや走り気味ながら
 無事完走!

 続いて、プライベ−ト・ツアーのロンドンから帰国した
 ossieさんが入って、
 
「Misty Mountain Hop」 〜 「Since I've Been Loving You」
 「Since 〜 」はもうossieさん抜きでは演れないね・・
 


 そして早くもステージは終盤に入り、
「Stairway To Heaven」

 

 最後は
「Immigrant Song」
 


 終演後はトリのP.P.C大臣セット組み換えのため、
 オイラの持込機材はステージから搬出。

**************************************************

 続いてのステージは、ハイテク・バンド”ZIVES”の
 ベーシストでもあり、強力なK−ONサポーターでもある、
 taroさんのアコギ引き語り。
 百恵ちゃんの曲などを織り交ぜたステージで、ざわついた会場が
 一気に落ち着いた感じに。

******************************************************

 さて、雰囲気は一気に逆転して、’80s HR/HMの世界に!
 初めて競演する「ハードロック研究所」のステージ。
 しかしデカイ音だ!(ウチと人数と構成同じなのに!)
 最後の「Kill The King」は最高でした。
 オイラ、この曲は”エア・ドラム(何、それ?)では完コピ
 してるんだけどなぁ。
 Paiste Gongが連打されて怒涛のステージは終わった。
 いいなぁ・・・

******************************************************

 最後はP.P.C!(正確にはE.P.P.C?)
 このバンド、オリジナル・ファンキー・バンドとの事だが、
 童謡+民謡+演歌+ブルース+ロックといったような、
 まさに日本人の心をくすぐる曲作りなのだ。
 かといってパクリでもない。(1曲除いて)
 不思議なバンドです。
 オイラ的には、やはり大臣のドラミングが好きだね。
 「キース・ムーンの再来」と言える彼のドラムは、
 総帥kenちゃん、タカシも飲み込んでたね。
 今回のステージで惜しかったのは、メンバーがステージの
 全幅に広がってて、バンド全体としてファンキーなムードが
 薄まってしまったのが残念でした。

*****************************************************

 こうして全3バンド+弾き語りのLIVEは無事終了。
 といっても時刻は17時過ぎ。
 そう、今日は健康的な白昼LIVEでした。
 「ハー研」さん、P.P.Cの皆さん、ありがとうございました。
 是非”定例化”してほしいものです。(人をあてにするな!?)
 多摩川からあっち側の強烈なバンドや企画に負けぬよう、
 多摩川からこっち側も頑張りたいものです。
 あ、”鶴見川からこっち側”にしないでね。オイラだけ入れない。

 ご来場の皆様、ありがとうございました!
 次回をお楽しみに!
 (だから人をあてにするなっちゅーの!)


 ご来場の皆様、ありがとうございました!

 
Set List

  Rock and Roll
  Sick Again
  Misty Mountain Hop
  Since I've Been Loving You
  Stairway to Heaven
  Rock and Roll