Date   : ’06年 9月18(月・祭)
 Place : 横須賀 Younger Than Yesterday
 Event : 王様もやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!
 Members Vocals Arai
Guitar Takashi
Bass Hatta-So
Drums Terazy
   出演
  
・INDEX
  ・K−ON 【LED ZEPPELIN】
 
 ・王様with熟男三銃士
 
 先週の野外LIVEの余韻も覚めぬ9/18、王様との4回目の
 LIVE当日となった。
 この日はossieさんがプライベート・ツアー中との事で、
 久しぶりの4人K−ONだ。
 最近のハイライトである、「天国〜」はできない。
 言葉が適切かどうかわからんが、
「丸腰セット」にせざるを得ない。
 9/9終演後に軽いセット決めミーティングをしたが決まらず。
 結局、この日の朝練で決める事になった・・・

 迎えた当日、10:30に北久里浜の「リバーブ・サウンド」の
 スタジオに到着。
 既にタカシが機材降ろしを終えて、どこかに行こうとするので、
 
「おい、どこ行くんだよ?練習は11:00からだぜ」
 
「はいはい、クルマ置いてチャリで出直して来まっさ!」
 あー、さすが地元ね。
 メンバー集まるまでヒマなので、スタジオ前の川を眺める。
 前日の雨で水は茶色く濁り、魚の姿は見えない。
 代わりと言う訳ではないが、2羽のトンビが上空を旋回してた。
 
 定刻にK−ON名物
「当日朝練」を始める。
 しかし、久々に演る曲が多く、
 「ここって、何回繰り返すんだっけ?」とか、
 
「あーっ!ここでソロ入れるんだっけな!」とか、心細くなるような
 練習状態・・・
 致命的なミスにならぬよう、反復練習が続く。
 
(ossieさん、これ見ても信じないだろうなぁ)
 ある程度の時点で、セット練習を2回もやった!
 (ossieさん、さらに信じないだろうなぁ) 
 
ハッターそ
 「これ以上やってもダメなものはダメだ!現地行くべ!」


 吉牛の行列を横目に、オーメン号で現地到着。

*******************************************************

 YTYに到着すると、既にINDEXさんの機材車が到着しており、
 続いて王様&熟男三銃士の面々が続いて到着。
 軽く挨拶してリハ開始。

 ウチのリハ中は、王様DsのM浦さんが自前セットを組立中で、
 オイラがオカズ失敗する度にM浦さんと目が合ってしまい、
 お互い笑ってごまかした・・・(結構、辛い場面です・・・)

*******************************************************

 定刻通りに会場Open!
 時間前にお客さんが結構来たようで、ドアが開くと次々入場してきた。
 予約も結構入っていたようで、スタッフはお客さんのテーブル分けに
 苦労している様子。
 そんなせいもあってか、開演時間になってもお客さんが座り終えず、
 トップの”INDEX”さんは約15分遅れでスタート。
 冒頭から骨太オリジナル・ロックを展開。
 Vo&Gは、あのチャーの弟さんという事もあって、ウチらとは
 違って「聴かせるロック」を繰り広げていた。

*******************************************************

 さあ、出番です!
 細かいミスは気にせず、今日は
どーんと行くぜいっ!
 
(いつもです・・・)

 「Were Gonna Groove」でスタート!
 
 最前列のお客さんの反応はイマイチの様子。
 しかし、中盤から後方の方から大きな歓声が聞こえる。

 
 2曲目は早くもテンポ落として
「I Can’t Quit〜 」
 何やら場内から大歓声が上がり、後列のお客さんなんか
 立ち上がってるのが見える。
 この曲で喜んでくれるという事は、演る側にとっては、
 
「こりゃヤバイな・・・」と思っちゃうのである。

 3曲目は地声のカウントで、
「Nobody’s Fault〜 」
 地元の友人・知人達は、確か客席左側後方の一角だけの
 はずなんんだが、右側後方のお客さんもウケている。
 
「この曲でも喜んでるという事は、今日は実にヤバイ」
 という状況に気がつく。

 次の曲は
「では、これはどうですか?」と言わんばかりの、
 「In My Time of Dying」
 タカシのスライド・ギターが始まると、客席から
「うぎゃ〜」的な
 歓声が上がった。
 「あー、これも好きですかぁ・・・もう弾がありません・・・」
 本当に死に掛ける状態で無事終了。

 次は
「あっと、これもありました!ではどうぞ!」的に
 
「The Ocean」
 短い音の切れ間から客席の歓声が聞こえた。
 
「こんなに喜んでくれるなら、冒頭の"カウント・ソング"
  覚えてくればよかったなぁ」
と感じます。
 


 早くもステージは終盤に入り、”寺爺殺し”の、
 
「Communication Breakdown」
 単純なリフの繰り返しだが、序盤・中盤とお客さんに
 逆ノリさせられたせいか、BDが踏み倒せない。
 マジで、つりそうになっちまった。
 
”必殺1発抜きバージョン”で逃げ切った。
 (すみません・・・手抜きではなく足抜きです・・・)

 さあ、これで終わりです!
「勘弁してください」的に
 
「Immigrant Song」
 
           
Photo by ”ken"

 客席最後方のお客さんが、立ち上がって喜んでいる!
 オイラは近眼なのだが、総立ちに近い状況が見える。
 
「あー、喜んで頂いてなによりですう〜!」って感じだね。
 
 予定のセットを終えたが、「アンコール!」がやまない。
 もともと時間がかなり押していた上に、後にはメインアクトの
 王様が控えている事もあって、アライにマネジャーの
 S見さんに確認を求めるよう指示。
 すると、客席後方のS見さんから大きなOKジェスチャー。
 「げっ・・・まさか・・・」
 驚いてる時間ももったいないので、定番の、
 「Rock and Roll」
   
        で、タカシが飛びました・・・

 無事にステージを終えた・・・
 いつもなら次のバンドのためにドラム・セットを組み替える
 必要があるのだが、王様バンドはDs持込なので、
 ハアハア言いながらさっさとステージを降りる。
 あー、しんど・・・歳だ・・・
*******************************************************

 メイン・アクトの「王様with熟男三銃士」のステージは
 ここではレポできません。
 年間通してあちこちでLIVEしているようなので、
 是非一度はご覧下さい。
 できることなら横須賀YTYで!
 (終わってから営業するなよ〜)

*******************************************************



 
 

 いや〜、今回はお客さんに
 のせられたし、助けられました。
 地元のサポーター達の皆さん、
 ご来場の皆さん、
 本当にありがとうございました!

 横須賀YTYって、K−ONに
 とっての
LA Folumになるような
 気がしてきました。

 次はKeyも戻ってきますので、
 また頑張ります。


 



   Photo by ”じいざす"
 
 ご来場の皆様、ありがとうございました!


 
Set List
  Were Gonna Groove
  I Can't Quit You Baby
  Nobody's Fault But Mine
  In My Time of Dying
  The Ocean
  Communication Breakdown
  Immigrant Song
  −Encore−
  Rock and Roll