Date   : ’06年 9月9日(土)・10(日)
 Place : 所沢航空公園 野外ステージ
 Event : Monsters of Rock 2006
 Members Vocals Arai
Guitar Takashi
Bass Hatta-So
Key ossie
Drums Terazy
 出演
 
【9月9日(土)】
 ・INOS 【Motley Crue
 ・Neon Knights【IRON MAIDEN】
 ・K−ON 【LED ZEPPELIN】
 
・BASTOS 【ELP】
 
・Blue Bell 【Deep Purple】

 【9月10日(日)】
 THEBAMBOOPECKERS Rod Stewart
 ・クロブタ White Snake
 
UFQ Michael Schenker
 
HOLY DIE BARR DIO
 
()石井商会 GunsN'Roses
  
 
 ついにこの日が来たね・・・
 まるで遠足当日の子供のように、朝4時半に目が覚めちまった。
 歳くうと”二度寝”はできなくなる。
 そのまま起きたはいいが、外はまだ暗い。
 ほぇ〜、ついこないだまでは明るくなってたのにね。
 
夏は短いんだね・・・
 オーメン号に機材を積んで、午前6時に川崎出発!

 午前7時半、現地到着。
 クルマ降りて公園入り口を探していると、ガタイのいい若者が
 オイラの顔を見ながら近づいてくる。
 こんな朝早くから
”オヤジ狩り”じゃないだろうなと思ったら、
 INOSのメンバーだった・・・ホッ
 園内を迷いながらも会場脇に到着。
 その後、続々と出演者が到着し、音響スタッフも会場入りして
 ステージ設営が始まった。

 
 PAスピーカーを積み上げたり、マイクスタンドを伸ばしたりと、
 もっぱら力仕事に集中。
 そりゃそうだよな・・・配線等の”頭脳労働”はできる訳ないね。
 
 PAのテスト&調整の段階になって、オイラはその仕事振りを
 少し見させてもらった。
 少しして、若手スタッフがチーフに何かを尋ねに来た。
 するとチーフ、
 
「お前ねぇ、オレに聞く前に調べたのかよ?」
 「人に聞く前に自分で少しは調べないと、仕事覚えねぇぞ!」

 う〜ん、どの業界も仕事は厳しい。 
 オイラが若い時なんか、先輩に上のセリフに加えて、
 
「お前ねぇ、それ、人にモノ聞く態度?ふてぶてしいんだよ!」
 「出直して来い!」
だったもんなぁ・・・ぐすん

 
 さあ!PAやステージの準備が完了!
 開演を待つばかり!

 *********************************************

 K−ONはINOSさん、Neon Knightsさんに続いて3番手。
 ステージセットの時点で早くもアクシデント・・・
 ossieさんの愛器がまたもやご機嫌斜めに!
 斜めどころか”プッツン状態”
 対バンさんのKeyを借りて事なきを得たが、機材のメンテは
 重要ですな。

 
 アライの秘密兵器準備を待つ”ハッターそ”
 オイラは脱水防止のため、いつもより水が1本多い。

 で、
 
Immigrant Songでスタート!
 
           
Photo by "The Rover" 
 ぬお? アライの頭がなんか変だ・・・
 秘密兵器とはコレだぁ!
 
            Photo by "The Rover"
 うーん、なんだか羨ましいなぁ・・・オイラも欲しいなぁ・・・
 ちなみに、この秘密兵器はオイラが強制した訳ではありません。
 念のため。

 ステージは
Black Dogを終えて、ossieさん登場。
 
 
           Photo by "The Rover"
 
思ったよりossieさんが遠くにいて、予めセットしておいたビデオの
 アングルに収まらなかった。もっとこっち来なさい!
 セットは
Misty Mountain Hop、Since I've Been〜と続く。

 ここでWネックが登場し、
The Song Remains The Same
 野外向けに派手に行こうとしたのだが、ことのほか体力を消耗・・・
  
            Photo by "The Rover"
 
タカシの汗のかき具合は、Live Aidの再結成時を思わせるね。
 この後、メドレー的に
Stairway to Heavenと続き、締めはやっぱり
 
Rock and Roll
 
 
*********************************************
 
 こうして2年前の雪辱を無事に晴らし、気持ちいい疲労感と
 達成感を感じながらステージを降りた。
 それにしても、やっぱり暑かったね。
 日照りこそなかったが、ライヴハウスとは違う感じだったな。
 楽屋に戻ってもガブガブ水飲んだなぁ。
 で、また汗がでる。で、また飲む。
 だから水太りになる。
 
 ステージはBASTOSさんにバトンタッチ。
 相変わらずのパフォーマンス!
 最後はBlue Bellさんで締め!
 HAKEちゃんのパワフル・ドラミング+ギター・クラッシュで
 夕暮れのステージは燃え上がった!

 *********************************************


 終演後はまた「力仕事」
 さっきまでパフォーマンスを繰り広げてた面々が、機材運びをする様は
 なんだか変だったね。
 
 また朝の状態に戻ったステージ。
 何やら大きな男の人がマイクスタンドでLIVE続けてますね・・・

 
 明日のステージに備えて、楽屋で早めに「お休み」に入る
 PA&モニター・スピーカー群。

 *********************************************

 
ともかく、
 ご来場の皆さん、対バンの皆さん、あくせるさん、
 ありがとうございました。
 思い入れのあるこの企画に無事に出られてホッとしました。
 翌日は本来の爺役が詰まってて、観戦できずにすみません。
 快晴のもと、さぞ気持ちいいLIVEになった事でしょう。
 また次回も参加できるようにネタ仕込み&体力維持に努めます。  

 ご来場の皆様、ありがとうございました!

 
Set List
  Immigrant Song
  Black Dog
  Misty Mountain Hop
  Since I've Been Loving You
  The Song Remains The Same
  Stairway to Heaven
  Rock and Roll