Date   : ’05年 11月26日
 Place : Guilty 【恵比寿】
 Event : 刈り掘る庭JAM Vol.37
 Members Vocals Arai
Guitar Takashi
Bass Hatta-So
Key ossie
Drums Terazy
 出演
 ・益荒男 【MANOWAR】
 ・K−ON 【LED ZEPPELIN】
 
・五人囃子家 【四人囃子】
 
・(有)石井商会【Gun'N' Roses 】
 ・Neon Knights【IRON MAIDEN】
  
 
 夏のYTY、秋の北久里浜LIVEを無事に終え、
 いよいよ
「刈り堀る庭JAM」復帰に向けての、
 練習日程調整に入った。
 しかし、なかなか都合がつかず、結局11/23(祭)の
 「1発決め」となってしまった。
 本番3日前だ・・・
 これをZEPP専門用語で、
「Three Days Before」という。
 また、これの逆は、
「Three Days After」という。
 (解んねーよーーーーー)

 出来上がらない新ネタを思い切って外し、コテコテ系の
 曲を持ち込む事にした。
 それでも時間計測で約10分オーバー。
 終わったから書けるが、「Heartbreaker」をセットから外した。

 練習途中、ossieさんの愛器が突然ご機嫌ナナメに・・・
 音がスーッと消えていってしまうのだ。
 どうやら本体側に問題があるようで、この日は騙し騙し使って、
 当日はレンタル業者に借りる事になった。

 4時間弱の練習を終え、
 タカシ:
 「いや〜、今日は疲れたなぁ・・」
 「やっぱり本調子戻ってないのかなぁ・・」
 「基礎体力つけないとイカンですねぇ・・」

 いえ、違います。
 オイラもアライもHattah−Soもクタクタですよ。
 本番想定セットを2回もやったんだから!

 ちなみにこの日(23日)、次男カナブンが婚姻届を役所に
 出した。俗に言う
「入籍」である。
 
アライ:
 「いいんすか!?親がこんな事やってて!」
 「お祝いでゴハン食べに行くとか!・・・」

 
寺爺:
 「いや、本人達は”食う事・住む所”でアタマ一杯だ。」

 
「食事会は町内の”なかがわ”で済ませてある。」
 
”なかがわ”:町内にあっては珍しく美味い料理を出す居酒屋
 
カナブン:
 「居酒屋で終りかいっ!寿司屋はどうした!寿司屋は!」

 
寺爺:
 「LIVE終わってからね・・・」


 *********************************************

 迎えた当日午前10時、川崎からアライとタカシを乗せて、
 津田山(南武線)にある
レンタル業者に向かう。 
 その業者倉庫には膨大な数と種類の楽器や機材が
 保管されており、プロ・ユースの業者のようだ。
 パネル・トラックも数台待機中だった。
 ドラム関係も相当な種類があって、ティンパニもあったり、
 ドラ(残念ながら38#だった)まであったな。

 レンタルKeyを積込んで恵比寿へ向けて出発。
 予想通り上り246が渋滞。
 時代遅れのCDゴリラナビを無視して、駒沢通りへ迂回。
 でも時間通りに到着した事が、なによりである。
 が、Hattah-Soはこの日、午前勤務で現地到着が遅れる。
 既に「五人囃子家」さんのリハも始まっている頃、
 Hattah-Soはまだ武蔵小杉・・・(12:55)
 こりゃリハ順変更かぁ?と思った13:20、無事到着。
 あっぱれ東急!
 リハは「The Wanton Song」から開始。
 途中で止めるつもりが最後までやってしまった。

 *********************************************

 定刻からやや遅れて「益荒男」さんからスタート!
 早めに楽屋に入ろうとしたら、
 
アライ:
 「なんか
サポートメンバーが出るらしいから、それ見てからに
  しましょうよ!ほら、あの彼女達らしいっすよ!」

 
寺爺:
 「そうか!そ、そうだな!それ見てからにしよう!」

 
 そして見た。
 そして
”昇天”した・・・
 
アライ:
 「寺爺さん、早すぎるよ〜」
← んな事言ってないです。

 気分を切り替えて楽屋入り。
 「うわっ!」
 自分が楽屋で何をしてたのかよく覚えてないが、
 ossieさんに
”記念写真”撮ってもらったような気がする。
 ossieさーん、早くちょーだーいっ!

 
さあっ!出番だ! ← 何がっ!鼻血拭けっ!

 *********************************************
 
うーん、このまま楽屋にいたいよぉ・・・ 

 「移民」に見せかけた
「The Wanton Song」でスタート!
 このパターンはPage/Plantで演ってたものだ。
 とかく走りがちになるので、必死でテンポ・キープ!
 
 
       ♪ The Wanton Song

 続いては久々の
「I Can't Quit You Baby」
 初めて刈りJAM出演した時にも演った曲だ。
 決めのリフでタイミングを1回外したのは本家のコピーだ。
 (ウソつけぇぇぇーーーーっ!)
  
      ♪ I Can't Quit You Baby
 ここまで体で表現しないとタイミングは合わないのだ。

 さあ、ここで
ossieさん登場。
 4回目の演奏となる
「Misty Mountain Hop」
 この曲のDsオカズ入れは、単純に思えるが非常にムズい。
 
”いかに手前から仕掛けるか”が勝負なのだが、
 ヘタに仕掛けると、終りを見失ってしまう。
 なのでオイラは結果的に手も足も出ない状態・・・
 個人練習しか改善の余地はないね。
 
      ♪ Misty Mountain Hop
 いつもより鍵盤数の多いレンタル器を操るossie.
 素人のオイラは「よくオクターブ間違えないなぁ」などと・・・
 (バカにするなーーーーーっ!)

 続いて’73年型メドレーで
「Since I've Been Loving You」
 
    ♪ Since I've Been Loving You
 ossieさんのKeyも、
 
「出るところは出る!引っ込むところは引っ込む!」的なもので、
 なかなか板についてきた。
 どこかで書いたが、この曲のKeyは実に難しいハズだ。
 そういう意味で、この先楽しみであります。
 (またまたプレッシャーーーッ)

 アライの「世にも不思議な物語」MCに続いて、
 
「Stairway To Heaven」
 そう、リベンジである。
( ←オマエだけだろうがっ!)
 
      ♪ Stairway To Heaven
 例の部分を無事に通過したせいか、タカシがノリノリで
 アドリブを突き進む。
 しかしこの曲のギターソロは、長すぎると
「相応しくない音階」
 現れてしまうので、それを察知してオカズで合図。
 無事に締めのテーマに移って、リベンジは終了した。

 さあ、最後の1曲、
「Rock And Roll」
 (またぁ!?って言わないでね、好きなんだから)
 
         ♪ Rock And Roll
 今回はかなりの高度を飛んだようです。開脚度も大きいぞ!
 
 *********************************************
 
 ふーーーーっ、終わった。
 無事に刈りJAM復帰が果たせたな。
 今日は変なリキみもなく、大ポカもなくよかった、よかった!
 本番前に1回果てておいたせいかな?・・・(何を言う!)

 あ、そうだ!
 
早く楽屋行こうっと!
 終わったことは済んだ事!イエーイ!
 
(まだいるかな?・・・)

 「どうもぉ〜、お疲れっしたぁ〜♪」
 「うわっ!」
 
そこで見たものは、
「竹ちゃんのお腹」だった。
 
竹ちゃん:
 「寺爺さん、現実はキビシイねぇ〜へへへ」

   ↑ 実話です。
    


 ご来場の皆様、ありがとうございました!

 
Set List
  The Wanton Song
  I Can't Quit You Baby
  Misty Mountain Hop
  Since I've Been Loving You
  Stairway To Heaven
  Rock and Roll