Date   : ’05年 7月30日
 Place : Younger Than Yesterday【横須賀】
 Event : 「王様」Tribute Band Night
 Members Vocals Arai
Guitar Takashi
Bass Hatta-So
Key ossie
Drums 寺 爺
 出演
 ・THE BAND OF SPIRITS  【"Aerosmith" Tribute】
 ・K−ON 【"Led Zeppelin" Tribute】
 ・王様&熟男三銃士
 

 
 2004年5月22日、約半年振りにタカシを交えての演習をした。
 入院前よりもソロが長く、とても開頭手術を受けたとは思えない
 復活振りに、メンバー全員驚いた。
 この練習日の数日前、YTYスタッフから電話が入り、
 3回目の「王様」オープニング・アクトの依頼を受けたが、
 その時点でOKの返事はできなかった。
 
タカシの「音」を聞くまでは、誰にも約束はできない。
 
 6/18、2回目の練習。
 もうタカシが病み上がりだという事を気にするメンバーは
 いなくなった。
 練習後、YTYスタッフに出演OKの連絡を入れる。
 
************************************************
 
迎えた当日。
 いつもなら「当日朝練」が恒例で、現地へはメンバー全員揃って
 向かうところであるが、この日はバラバラ集合。
 ほぼ定刻には全員が集まったため、予定を変更してトップで
 リハを行う。
 
 場内のエアコンが切れていて、まるで蒸し風呂のよう。
 個々のバランス調整後、「immigrant Song」でウオーム・アップ。
 対バンのThe Band of Spilitsさんから拍手を頂いた。

 リハ終了後、階下のファミレスで遅い昼食。
 毎晩、盆踊りの夜店ヤキソバが続いたオイラは、無性に蕎麦が
 食いたくて蕎麦を注文。美味かった・・・。

************************************************


 開場時間の5分前に開場に戻ると、早くもお客さんが開場待ち。
 その後、ゾクゾクとお客さんが入りだす。
 開演定刻の19:00には、ほぼ満席状態。
 しかし、前売りチケットのお客さんが入りきっていないらしく、
 スタートは30分遅れとなった。
 (帰りの電車を心配するお客さんがざわめく・・・)

 19:30
 トップのThe Band of Spilitsさんが登場し、パワフルなステージを
 展開する。
 アンコールではB’zのナンバーまで飛び出していた。
 
************************************************
 そしてK−ONの出番。
 衣装に無頓着なK−ONは楽屋を使わないので、客席後方から
 登場。
 
「Immigrant Song」でスタート!
 最後のギターはいつもより長く、タカシは絶好調!
 
          
Immigrant Song

 続いて「Black Dog」
 お客さんのとのコーラス掛け合いもバッチリ決まってた。
 ここでも最後のギターはいつもより長い・・・
 タカシはノッってる・・・
 
             Black Dog

 この時点でオイラは早くも汗だく。
 この開場、とにかくステージ上が暑いのだ。
 汗拭いて給水してるうち、ossieさんがスタンバイOK。
 3曲目は
「Misty Mountain Hop」
 オリジナル・メンバーでは初披露だ。
 
         Misty Mountain Hop

 「ドタッ」と終わった後は、本家’73年型で、
 
「Since I’ve Been Loving You」
 ブルースというより
”演歌”に近いこの曲。K−ONも大好き。
 中間のギターは、いままで聴いたことの無いリフが聞けた。
 気合入ってると言うか、魂こもってると言うか・・・
 きっと自宅で弾き倒してきたんだろうな。
 後ろで叩きながら聞かせてもらいました。
 
    Since I’ve Been Loving You

 
 
タカシの気合が本家に届いたか!?
 バック・スクリーンには本家RAHの画像が!


 たくさんの拍手を頂いて、ここでギター・チェンジ。
 場内からは
「おお? ”とわ”か? ”とわ”演れぇ!」
 違います、”希望の歌”でした。
 
        Stairway To Heaven

 早くもステージは締めにかかる。
 あまり御披露しない
「Heartbreaker」
 しかも’73年型のドラムから入るパターン。
 しかし、オイラは本家のバスドラとタムの音取りがイマイチ解らず、
 何やら薄っぺらな導入となってしまったね。
 
 
            Heartbreaker

 
同曲後半のインプロから、立て続けに「Whole Lotta Love」
  
          Whole Lotta Love

 最後は「Rock and Roll」!
 リハまで腰にコルセット巻いてたタカシは飛んでました。
 
           Rock and Roll

 客席からはアンコールのお声がかかったが、スタート遅れで
 時間が異常に押していたのに加え、正直言ってネタ切れでした。
 
「ごめんなさい!本当にごめんなさい!」とアライが謝罪。
 この場を借りてオイラからも「ごめんなさい」

 無事に約1年ぶりのLIVEが終わった。
 こんなに汗かいたLIVEもなかったな。
 放心状態でバンド・テーブルに戻る。汗がまだ止まらない。
 しばらくするとタカシもテーブルに戻る。
 「皆さん、どうもありがとうございました・・」
 誰にお礼言ってるのかと顔見たら、メンバーにお礼言ってた。
 ははは!
 「どういたしまして!」

************************************************

 この後、メインアクトの王様のステージ。
 前回、前々回はクリームのステージングだったが、
 今回は「The Beatles」。
 三浦さんのドラムセットもツーバスからシンプルなツータム・セット。
 今後の営業に差し支えるといけないので、内容紹介はここまで。
 各地で活躍されてるようなので、チャンスがあったらご覧ください。

************************************************

 王様の終了後、ロビーでCD即売会とサイン&撮影会。
 その終了を待って、王様バンドに挨拶に行く。
 
王様バンド
 
「いや〜、今までで一番ヨカッタすよ!マジで」
 「練習しないほうがいいんじゃないの?」
 「ま、K−ONさんとはこれからも”年に一度のなんとか”
  って感じでね!」

 了解しました。

 Ds三浦さん
 ブルースでの”スタタ、スタタ”っていうスネアのころがし
 教えて下さい。あれやると右手が狂うんですけど。
 【当日聞け!?】

************************************************


 
いやいや、まずは無事にLIVEが終わってよかった。

 特に地元のお客さんに大勢来て頂いて、ありがとうございました。
 「YOSHINO STOCK」から12年。
 皆さんのおかげで続けられてます。
 これからもタカシをサポートしてやって下さい。

 
ご来場の皆様、ありがとうございました!


 SET LIST
  Immigrant Song
  Black Dog
  Misty Mountain Hop
  Since I've Been Loving You
  Stairway To Heaven
  Heartbreaker
  Whole Lotta Love〜Rock and Roll