Date   : ’05年 10月29日
 Place : Reverb Sound【北久里浜】
 Event : Youth Gone 2005
 Members Vocals Arai
Guitar Takashi
Bass Hatta-So
Key ossie
Drums Terazy
 出演
 ・K−ON 【"Led Zeppelin" Tribute】
 ・ブラック・ザマス【"Black Sabbath" Tribute】
 
・I N O S【"Skid Law" Tribute】
 
・Cock'roaches【"The Rolling Stones" Tribute】
  
 
 以前よりアライの奥方バンド「INOS」が企画を練っているとの
 話は聞いていたものの、なかなか実現に至らなかったが、
 バンド集めに苦労した結果、ようやく日時と場所が決まってGO!
 
 K−ONは7/30王様前座LIVE以降、各自充分に夏休みを
 満喫した後だけに気合は十分!(か?)
 ただ、ハッターそは相変わらず土日出勤続きだったり、
 寺爺も仕事らしきものを始めたりで、練習日程調整は難航。
 9月に1回、10月に入って1回、そしてこの日の朝練となった。

 迎えて当日。
 機材車オーメン号は10時の朝練に向けて8:00に川崎出発。
 道路は空いてて1時間弱で北久里浜に到着。
 「早過ぎたなぁ」と思いつつ、ハコを探して平作川沿いにゆっくり
 走らせていると、川の対岸にイヤホンはめた青年がボーッと
 川を見下ろしていた。
「飛び込むのか!?」
 いや、よく見たらアライだった。
 「おーっ!随分気合入ってんな!?」と思ったら、奥方バンドが
 9:00からスタジオ入りしてるとの事だった。(負けた・・・)

 メンバーが集まるまで、ハコ前の平作川を眺めると、
 そこはもうちょっとした動物園だった。
 川には鯉、亀、名前が解らない小魚。
 川岸には鴨、鳩、雀、対岸の屋根には猫。 
 中には「人面魚」らしき顔つきの鯉もいたな。
 (昔、”魚面人”というアダ名の友人もいた)

 朝練を終えて13:00。
 対バンのメンバーも集まりだし、機材搬入。
 なんとこのハコ、駐車場から2Fホール、3F控室までの
 機材用エレベーターが設置されていた。(人は乗れない)
 で、早速活用。

 軽くミーティング後、リハ開始。K−ONはトップなのでリハは最後。
 従ってリハ後のドラムセットの組み替えが不要なので、実に安心。
 最近、空振りの多い私にとってはセッティングは重要なのだ。
 
 ************************************************
 んで、定刻に本番スタート!

 

 
「Immigrant Song」、「Black Dog」と続けたが、タカシのソロが
 いつもより1分近く長い!横須賀より長かった!
 「immigrant Song」なんか、練習で使わないワウなんか踏んじゃって、
 本番で突然’71年バージョンになった。
 本家もそうだが、この2曲の終盤ソロの長さで調子が解るという。
 反面、老齢リズム隊は、この微妙な延長ソロで早くも汗だく。

 ここで早くもWネックに切替え、
 「The Song Remains The Same」〜「Sick Again」
 
 「The Song〜」と「Sick Again」のメドレーは約2年ぶりの演奏で
 あったが、走る!走る!
 まさに「手足がこんがらがりそう」だった。
 タカシもよく弾き倒したもんだね。
 いい加減、安定したテンポで演奏できるようになりたいものです。


 さて、ここでossieさん登場。
 タカシ復活後2回目の披露となる
「Misty Mountain Hop」


 続いては’73年型メドレーで
「Since I've Been Loving You」
 ossieさんのkeyの被せ方もだいぶ板についてきた。
 彼女にはこの曲のKeyについて、何も指示していない。
 即ち、「自由研究」のごとく音を作って出してもらってる。
 ZEPPのKeyとしては、ライフワークに近い曲なので、
 
本番が練習のつもりで、今後とも研究を重Iねて下さい。
 
【プレッシャーーーーーーーーッ!!!】

 さあ、ここで寺爺とハッターその休憩タイム、じゃなくて、
 
「Stairway To Heaven」
 ギター・チェンジの時、父親の絶好調ぶりが影響してか、
 タカシご令嬢が客席でキャッキャッと騒ぎ出す。
 次の瞬間、
 「ゴルァ!調子のってんじゃねえぞぉ!」とタカシが叱る。
 ステージ上から娘を叱るギタリスト。
 しかもチューニングしながら・・・
 こんなギタリスト、始めて見ました。
 
 さて、そろそろ締めにかかります。
 それにしても、このステージ、やたら暑い!
 背後のライトが強烈なせいか、やたら汗が出て喉が渇く。
 「最後の水分補給を!」と思って、脇のドリンクに手をやると、
 既に空だった。
 その時タカシも、
 
「やべぇ〜、もう水なくなっちゃったよぉ〜、どうすんべ!」
 客席に水分援助の要請などしているヒマはない。
 この時点で演奏時間は50分近くなっていた。
 さあー、どうにでもなれっ!怒涛の3曲メドレー!!!
 
「Heartbreaker」「Whole Lotta Love」「Rock And Roll」

 終わってみれば、予定時間を10分近くオーバーしていた。 
 おかしい・・・直前のタイム計測では納まっていたハズ。
 原因は明らか。
 
タカシのアドリブ延長のせいですからぁぁぁ!!!
 
でも、これが本来のLED ZEPPELINのコピーとも言える。
 (違うか・・・)
 後続の「ブラック・ザマス」さん、すみませんでした。
 来る「刈りJAM」では、1曲減らす事にする。(マジで)

 この後、K−ON機材類を近くの義弟宅に預けたりしてたので、
 戻ってまともに見れたのは「コックローチーズ」さん。
 相変わらずバリエーションに富んだセットでした。
 ストーンズ・マニアのタカシやKenちゃんも大喜びだった。 

 LIVE後は駅前で打ち上げ。
 いつもは運転で飲めない私ですが、この日はオーメン号を
 義弟宅に預けたので、ガンガン飲める!
 といっても、歳なのでそうもいかず。
 軽くジョッキ×2、ウーロン・ハイ×3ってところ。
 22:46品川行きの特急で家路につく。
 
寺爺ハッターそossiePatで乗車。
 一見、
 
「補導少女を署に連れて行く、婦警と刑事2名」か?
 ちょーっと言い過ぎかぁぁぁ!?!?!?


 




 
          Immigrant Song

              Black Dog

         Misty Mountain Hop

    Since I’ve Been Loving You

        Stairway To Heaven

          Heartbreaker
          
Whole Lotta Love

         Rock and Roll

ご来場の皆様、ありがとうございました!

  Immigrant Song
  Black Dog
  The Song Remains The Same
  Sick Again
  Misty Mountain Hop
  Since I've Been Loving You
  Stairway To Heaven
  Heartbreaker
  Whole Lotta Love〜Rock and Roll