Date   : ’04年 9月11日
 Place : Live House SANCTUARY
 Event : Show Must 轟音 Vol.4
 Members Vocals Arai
Guitar Takashi
Bass Hatta-So
Key ossie
Drums 寺 爺
 出演
 ・Steerforth
【"Uriah Heep" Tribute】

 ・K−ON    【"Led Zeppelin" Tribute】
 
 ・KIZZ     【"KISS" Tribute】
 

 このLIVE、
 7月の野外LIVEの直前、
悪徳P氏からのメールで急遽決まった。
 あいにくタカシが体調を崩してしまい、野外LIVEはドタキャンと
 なってしまったが、ギリギリまで待ってもらって出演が決まった。
 
************************************************

 
迎えた当日、タカシは本調子でなく、車中でも
「う〜ん」とか
 言いながら頭と首筋あたりを揉んでいた。(大丈夫かなぁ・・・)
 首都高を降りると予想したとおりの渋滞。
 
vice氏宅の直近を通過しているようだったので、石でも投げてみるか
 と思ったが、方向が解らないのでやめた。
 ハッターそは早めに到着したらしく、商店街をブラついてるようで、
 アライはほぼ同時にバイクで到着した。
 メンバー揃ったところで駅前のイタ飯屋で昼食。
 食後の団欒でハッターその音楽の通信簿が「5」だった事を知る。

************************************************


 ほぼ定刻にハコ入りすると、悪徳P氏やKIZZのメンバーが既に
 準備を始めていた。
 思ったより広いライヴハウスで、HPで見た充実機材がズラリと
 並んでいる。
 KIZZのリハが終了し、ドラムの組み変えをする。
 ラックの撤去は時間的にムリかなと思ったが、スタッフが快く対応
 してくれて、ネイキッド・スタイルに変貌。
 セット後方にはパイステやらジルやら、シンバル類がゴロゴロしてた。
 まるで楽器屋さんのようだ。
 
 数曲のリハ(練習!?)を行う。
 驚いたのはバス・ドラムの音がモニターに返っていた事だ。
 いつもはギターとボーカルを強めに要望するだけだが、バス・ドラムの
 音が自然に返ってきてて、「お!今日は調子良いぞ!」と
 勘違いしてしまった・・・

************************************************

 開場時間になり、外には大勢のお客さんが入場待ちをしてるとの事。
 ありがたい事です・・・
 ほぼ定刻にSteerforthがスタート!
 新加入?の
女性ドラマーに圧倒される。
 客席で数曲聴いたところで楽屋入り。
 なんとタカシは既に
「ジン・トニック」をひっかけていた。

************************************************

 
             
Immigrant Song

 ほぼ定刻にK−ONスタート!
 約3ヶ月ぶりのLIVE・・・タカシの足元もしっかりしているようで、
 まずはホッ。

 
           ♪ Were Gonna Groove

 
              
Black Dog

 セットは進み、ossieさん登場。
 左足裏にできた魚の目が実に痛くなってきた。
 かと言ってハイハットの踏みサボリは許されない。いててて

 
          ♪ Stairway To Heaven

 
 
大勢のお客さん達は、軽く頭を振りながら、足をゆすりながら、
 聴いてくれていた。
 ハコの素晴しい音造りも加わって、良い「天国〜」が演奏できた。
 
 

        ♪ Since I've Been Loving You
 
 早くもステージは終盤に差し掛かる。
 いつもなら照明で汗ビッショリなのだが、今日はなぜか爽やか。
 気が付くとドラムセット上空から
冷風が吹き降りていたのだ。
 いつもは汗が目に入って
”空振り”するのだが(汗のせいにするな!)
 今日はそれがない。実にドラマーに優しいステージだ。
 
 
     ♪ Whole Lotta Love わなほなろらろ!

 ステージはラストに近付き、ラス前は「Whole Lotta Love」。
 テルミンは練習不足のため諦めて、「’79年型」で攻めてみた。
 中間のスネア連打において、前回は1発少なかったが、今回は
 1発多いミスをしてしまった。
 (ったく、何年型だの1発多い少ないって、細けぇなぁ!)

 
           ♪ Rock and Roll

 タカシのジャンプは規定より11.275cm低かったが、お許しを。
 アライ君、お客さんに「ロンリ、ロンリ」を歌ってもらうのはもうよそう。
 次回は「'77年型」のエンディングにしようね。
 こうしてタカシもブッ倒れる事無く、無事にLIVEは終了した。
 今回はあまり拘りのないセットだったが、次回ここで演れる時が
 あったら、新ネタ+拘りセットの極み(幻惑)でいってみたい。 

 ラストはKIZZ!!!
 
ここでは何も書きません、言いません、バラしません。
 見に来てくれた人達だけのお楽しみです。
 しかし、すげえなぁ・・・
 
 LIVE終了後は、「つぼ八」で打ち上げ。
 豪快にビールを飲み干す
Kayさんが恨めしい・・・
 で、いつ歌ってくれるの?忘年会?

 最後に、
 悪Pしゃん、KIZZさん、来てくれたお客さん、スタッフの方々、
 どうもありがとうございました!
 またココで演りてぇ!


 SET LIST

  Immigrant Song
  Were Gonna Groove
  Black Dog
  Stairway To Heaven
  Since I've Been Loving You
  Whole Lotta Love
  Rock and Roll