Date   : ’02年 8月18日
 Place : 海老名 Sugar
 Event : Puttit K−ON
 Menbers Vocals Ken
Guitar Takashi
Bass Hattah-So
Drums Terazy
 
 「モンスターズ・オブ・ロック」以来、仮死状態だった我がバンド。
 アライは産休で復帰時期未定。
 オイラは春先から出張漬けで、月の半分以上は現場。
 タカシは休日出勤の連続。
 そして、”ハッターそ”に至っては、なんと会社を辞めてしまった。

 そんな私生活のなか、あちこちのHPで発表されるLIVE告知を、
 指をくわえて見ていた。
 そこに古い付き合いのKenちゃんから、
 「とてもアライ君の代わりはできないけど、違う面のZEPPやりません?」
 とのメール。
 その直後、海老名の「Live Bar ”SUGAR”」店長から
 突然の主演依頼のメール。
 何か、「めぐり合わせ」の様なものを感じ、即、決定!
  
 早速、秘密基地で音合わせ。
 アライがA面ZEPPとすれば(そうでもないか)、Kenちゃんは
 「B面ZEPP」ってところかな。
 タカシのギターも微妙に違ってきた。
 
 そして迎えた当日。
 Kenちゃんの体調が朝からすぐれないようだったが、ユンケル
 飲んで復活!
 しかし、開演時刻になってもトップバンドが現れない。
 約30分遅れて「強行開演」
 2番手バンドが仲間を取り混ぜて時間をつなぐ。
 客がいないせいか、まさに場内が一体となった感じだ。(笑)

 そしてプチK−ONの出番。
 冒頭にアコギ・セットを持ってきて、「プチK−ON」を強調。
 3曲目からはいつもの爆音セット。
 「死にかけて」もなんとか倒れずにエンディングした。


       Ken&Takashiを思わせるアコギ・セット
             Photo by Ossie

          
3曲目からは、いつもの爆音セット
                Photo by ossie

             How Many More Times
              Photo by ossie

 いやー、久しぶりにいい汗かいた。
 対バンのドタキャンもあって、お客さんは全然いなかったけど、
 オイラ達は演奏するのみ!
 店長の一言が気に入った。 「今日はお祭り・・・」
 また演りたい。

 SET LIST

  Black Country Woman
  Bron-Y-Aur Stomp
  Train Kept A Rollin'
  You Shook Me
  Nobody's Fault But Mine
  In My Time Of Dying

  How Many More Times