Date   : ’01年 4月29日
 Place : 横浜 風鈴
 Event : 「ざ・反省会」
 Menbers Vocals Arai
Guitar Takashi
Bass Hattah-So
Drums Terazy
出 演
 
*Ken & Takashi with Daijin
     
【Original Blues】
 
K−ON
     【"Free" Tribute】
 *INOS
     【'80s HR/HM】
 

  昨年暮れの「社会人バンドの部屋Vol.3」から始まった、

 「不況がなんだ!首の皮1枚ツアー」も、
 「Big Welcome〜The Showcase Vol.4」で無事終了した。
 途中の「刈りJAM」では、"大冒険"をしてみたり、秋葉原では
 "おさらい"をしてみたり、月イチのハイペースではあったが、
 それぞれのLIVEにテーマを持って挑んできた。
 毎回、沢山のお客さんに囲まれ、いつ解散しても思い残すことは
 ないかもしれない。
 って事で、今回は肩の力を抜いて、「ざ・反省会」と銘打って、
 ミニライヴ付きパーティを開いた。
 当初の見込みを大きく上回る来場者数で、ただビックリするのみ!
 
 音合わせが終わる頃には、店前のロビーにはお客さんが
 一杯になってきた。

 あたふたする店長を無視して開店。
 アライの「乾杯」で強制的に開演。
 早くもプレイヤー・テーブルは盛り上がっている。
 (聞けば、既に一杯仕込んできたらしい)
 "しばし、ご歓談"の後、久しぶりに見るKen&Takashiの
 ブルースユニットが登場した。

 
                 
Ken & Takashi
  
               Photo by ossie

 この二人、現行K−ONよりずっと歴史があるつきあいなのだ。
 お互いの好みやクセは知り尽くしている間柄。
 オープニングは、なんとZEPPの
「Poor Tom」
 "K−ONに向けた秘密兵器"とは、これか…
 その後は得意のコテコテ・ナンバーが続き、終盤にはPPCの
 オリジナル・ドラマーの"大臣"が登場!
 このドラマー、「18#ヘヴィー・ハイハット」や、「タメっぱなしフィル」
 等で一世を風靡した御人である。
 トリオとなって演じるは、リクエストにより日本版コテコテブルースの
 「雨の歩行町」。"中田商店"の歌詞にはギクッときた。
 アンコールもかかって、約2年ぶりのユニットLIVEは無事終わった。


  

       ちょっと見にくいが、奥に”大臣”が・・・
           Photo by ”Ossie”

 開演から約1時間経過した頃、
 "パーティ"の雰囲気から"LIVE"の雰囲気になってきた。
 今日のK−ONはZEPPでなく、FREEで攻める。
 別に"手抜き"ではなく、結成当初のK−ONはZEPPよりFREEの
 コピバンに近かった。
 この日は
"初心に帰る"つもりで演ってみたのだが・・・。
  
         K−ON    
Photo by "ossie"   MAGO2 
 終盤、聴衆の心はINOSに傾いている事に気付き、
 とっとと終演。(お後がよろしいようで)

  
  
さあ、いよいよこの日のメインアクト、INOSの登場だ!
 
 INOSのLIVEは、'99年5月の"TIGHTBUT LOOSE"以来、
  まさに2年ぶりだったそうだ。
  ストレートでパワフルなステージが展開され、ほろ酔い気分の
  お客さんも気分爽快といったところか!?
 
          
まさにメイン・アクト!
           Photo by "ossie"


    
反省会を盛り上げてくれた皆さんに感謝!
          Photo by "ossie"

 何を反省したのか解らない反省会でした・・・

 SET LIST【K−ON】

  Can't Get Enough
  Fire & Water
  Wishing Well
  Be My Friend
  The Hunter

  Mr.Big
  All Right Now