Date   : ’00年 3月11日
 Place : Zippal ホール(お茶の水)
 Event : "Early Days Latter Days"
 Menbers Vocals Arai
Guitar Takashi
Bass Hattah-So
Drums Terazy
 この日は前年の「社会人バンドの部屋 Vol.1」で知り合った、
 ”Happy草餅”とのジョイント。
 1st Stageは若さ一杯のHappy草餅。
 定刻を5分ほど過ぎた頃、轟音と共にスタート!
 マジックミラーから中を見ると既に総立ち・・・
 正直言って「THUNDER」というバンドは良く知らなかったが、
 1曲目から総立ちの場内にタジタジ。
 最後は「Move Over」で締めくくり、アツアツLIVEが終了。
 出てくるお客さんの年齢層の厚さにまたビックリ。
 その幅たるや60才はあっただろうか。
 Happy草餅さんの人脈の広さに驚かされた。
 
 
         "若さ"だけのバンドではない・・・

 
 SET LIST
 Welcome to the Party
 Higher Ground
 River of Pain
 Don't Wait Up
 Rolling the Dice
 Preaching from a Chair
 Brown Sugar
 BackStreet Symphony
 Gimme Some Lovin'
 Move Over



 
続く2nd StageがK−ON。
 この日は2ヶ月前に入手したダブルネックと、弓を披露した。
 
   
      Wネック(石橋楽器製)の初披露

 オープニングは初披露のWネック(ギブソンではありまへん)で、
 The Song Remains the Same!
 この曲は過去に導入部だけ演った事はあったが、通しでは初めて。
 細かいミスに加え、弦が切れるアクシデントに見舞われるが、
 なんとか無事エンディング。
  
   
              弓弾も初披露

 この日は持ち時間が1時間とあって、
Dazed &Confused
 セットに組み入れたものの、各パートのバトル状態には至らず。
 なんとなく練習の延長のようなライヴであったが、
 お客さんのノリと、Happy草餅さんの集客で助けられた
 ステージだった。
    
            また一緒に演りましょうね!
 
 
数ヵ月後、京浜工業地帯の真ん中にある飲み屋で、
 このジョイント企画の「打ち上げ」が行われた。
 石油プラントに囲まれたその店は、やや下水の臭いがする
 ものの、食い切れない程の料理と、サービスに付いた
 「久保田」で満足満蔵・満腹満助の一夜であった。
 なぜか部屋のカラオケモニターには、ドリフの映像が
 映っていたのは、記憶違いであろうか?・・・

 SET LIST

 The Song Remains The Same
 Sick Again
 Celebration Day
 Black Dog
 Killing Floor
 Dazed & Confused
 What is and What Should Never Be
 Immigrant Song
 Communication Breakdown
 
【Encore】
 The Ocean